サービス案内service

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームとは

特別養護老人ホーム和楽荘(昭和55年4月開設)は、平成28年12月に5階建てに建て替わり、ユニット型特養として生まれ変わりました。
家庭に近い居住環境の中(ユニットケア)で、「その人らしい人生」の継続が出来るよう「ゆっくり」「やさしく」「穏やかに」寄り添って支援をしていきます。

対象:

原則「要介護3」以上と認定された方で、常時介護を必要とし、かつ、居宅において介護を受けることが困難な方。

なお、要介護1、要介護2と認定を受けて、居宅において日常生活を営むことが困難なことについて、やむを得ない事由がある方についてはご相談ください。

利用定員:
50名
特別養護老人ホームとは
特別養護老人ホームとは

サービス内容

特別養護老人ホームで提供されるサービスの内容については「特別養護老人ホームの設備及び運営に関する基準」が都道府県で定められており、それに基づいてサービスが提供されています。

食事
  • ご入居者様の栄養バランスや身体の状況・嗜好を考慮した食事を提供しています。
  • 食事は季節感を大事にした行事食や選択食、彩りなども工夫して提供しています。
リハビリ
  • 生活の中で残存機能を活かしたケアを行います。
  • 通所リハビリ施設と提携し、理学療法士による、身体状況に合わせた個別指導と、簡易体操や頭の体操などの集団指導を行っています。
入浴
  • 昭和62年、和楽荘にラドン含有量の多い温泉が湧き出ました。
    浴槽にはこの温泉水を使っています。
    4種類の浴槽(個浴)で、一人一人に合った入浴方法を選べます。
  • 寝たきりの方でも機械浴槽などを使用して入浴します。
生活支援
  • 居室の清掃、洗濯などは施設職員が行います。
排せつ
  • 排泄の自立を促し、ご入居者様の身体能力を最大限活用した援助を行っています。
  • 寝たきりの方はベッド上で排せつ介助を行います。
レクリエーション・イベント
  • 手芸や習字など手先を使うものや体を使うゲームなど、リハビリに繋がるレクリエーションを行っています。
  • 地域及びボランティアの方々と関わりを深く持ち、お祭りに参加したり、ボランティアに来ていただいたり、多彩なプログラムを企画しています。
健康管理・緊急対応
  • 主治医や看護職員、協力医療機関等による健康状態の確認や、健康管理を行います。
  • 緊急時や夜間帯は、すぐに連絡が取れるような緊急連絡体制を整えています。
看取り
  • 和楽荘で最期を迎えられる方の人生最期の時を、その人らしく安らかに迎えられるよう、医師、看護職員、管理栄養士など多職種が協働して取り組んでいます。
  • 本人や家族の希望に沿った対応を心がけ、情報の提供と共有に努めています。

お申し込み・お問い合わせ

直接、和楽荘までご来荘いただくか、下記の申込用紙にご記入いただき和楽荘までお送りください。
ご不明の際は、お電話ください

特別養護老人ホーム 和楽荘
〒731-3169 広島市安佐南区伴西五丁目1432-1

申込書ダウンロード

特別養護老人ホーム 和楽荘
082-848-5000(代表) 【受付時間】平日 8:30~17:30
【担当】江角(えすみ)

ご利用料金

基本料金(1日あたり)
区分 ご利用料金 自己負担額 3割 自己負担額 2割 自己負担額 1割
要介護1 6,667円 1,998円 1,332円 666円
要介護2 7,367円 2,208円 1,472円 736円
要介護3 8,130円 2,439円 1,626円 813円
要介護4 8,840円 2,652円 1,768円 884円
要介護5 9,540円 2,862円 1,908円 954円
食費
普通食 1日あたり:1,392円
特別食 1日あたり:1,392円
行事食 実費または普通食との差額分をいただきます
居住費
1日あたり 2,006円

その他の料金はこちら

施設の様子